魔法データ・魔法の覚え方 トップ
ウィザードはレベルが4上がるごとに全てのレベルの一般魔法を覚えることができます。
エルフはレベルが8上がるごとにレベル6までの一般魔法を覚えることができます。
またレベルが10上がるごとにレベル5までの精霊魔法を覚えることができます。
君主はレベルが10上がるごとにレベル2までの一般魔法を覚えることができます。
また君主専用魔法を覚えることができます。
ダークエルフはレベルが12上がるごとにレベル2までの一般魔法を覚えることができます。
またレベルが15上がるごとにレベル3までの闇の精霊魔法を覚えることができます。
ナイトはレベルが50になるとレベル1の一般魔法を覚えることができます。

魔法のタイプ
それぞれの魔法はLawful、Neutral、Chaoticの3つのタイプに分かれています。
自分のタイプに近いほどそれに対応したタイプの魔法の威力がアップします。
例を言うと自分がLawfulならChaoticタイプよりLawfulタイプの魔法の方が威力が増します。

一般魔法の覚え方
レベル3までの魔法は話せる島の南東にいる魔法屋ゲレン、歌う島にいる魔法屋シリスにアデナを払うことによって新しい魔法を取得できます。
ただしダークエルフだけは沈黙の洞窟にいるNPCセディアでからしか一般魔法を覚えることはできません。
レベル1の魔法はでは1つにつき100a、レベル2では1つにつき400a、レベル3では1つにつき900a必要になります。
またエルフであればエルフ村の東にある洞窟にいるNPCホルンにアイテムを持っていくことによっても習得できます。
しかしTIの魔法屋で覚えた方が早くすむでしょう。
レベル50になったナイトはホルンからでしか魔法を習得できません。
・レベル1= アデナ(100)、パンのタテガミ(10)、アラクネの糸(20)
ミスリル(50)、フェアリーダスト(100)
・レベル2= アデナ(400)、エントの表皮(3)、きのこの胞子液(8)
ミスリルの糸(10)、パンの角(1)、
・レベル3= アデナ(900)、アラクネの抜け殻(6)、フェアリーの羽(6)
オリハルコン(45)、パンの角(3)


レベル4以上は「魔法書」を入手し、それぞれの魔法のタイプに対応した寺院に行き魔法を取得します。
象牙の塔2Fのバリエス、クリストからある程度の魔法書を購入することができますが、ほとんどの魔法書はモンスターが落とします。
Neutralの魔法はカオティック寺院、ロウフル寺院のどちらでも覚えられます。
貴重な魔法書などは非常に高価なので高レベルの魔法を覚えるには大変な資金が必要になるでしょう。
寺院についたら魔法書を使用します。
このときタイプの違う寺院で魔法書を使用すると魔法書が消滅してしまうので気をつけましょう。

ナイトおよび君主は各種の「魔法のヘルム」を装備するとそれに対応した魔法を使うことができます。
消費MPは1/2ですみます。
魔法のヘルム:迅速=「フィジカルエンチャント:DEX」と「ヘイスト」が使用できます。
魔法のヘルム:力=「ディテクション」と「エンチャントウェポン」、「フィジカルエンチャント:STR」が使用できます。
魔法のヘルム:治癒=「ヒール」と「エキストラヒール」が使用できます。

精霊魔法の覚え方
精霊魔法を覚えるにはオーレンの象牙の塔1Fの修練場、またはエルフの森のマザーツリーの元で「精霊の水晶」を使用します。
「精霊の水晶は」象牙の塔1Fのリンダで購入したり、モンスターを倒すことにより入手します。
精霊魔法には「火」、「水」、「風」、「地」の4属性があり、どれかひとつの属性しか覚えることはできません。
この属性は象牙の塔2Fにいるエリオンに話しかけ決定します。
他の属性の魔法を覚えるときには今覚えている系列の魔法を全て忘れることになります。

君主専用魔法の覚え方
魔法書をダブルクリックすると、どこでも魔法を覚えることができます。

闇の精霊魔法の覚え方
対応するレベルの闇精霊の水晶をダブルクリックすると、どこでも魔法を覚えることができます。

トップページへ