地域別攻略ガイド・ラスタバド城ガイド トップ
地下大空洞のレジスタンス村から北に進むとラスタバド軍の本拠地・ラスタバド城があります。

ラスタバド城は地下1階〜4階の構造で、地下1階〜3階には四大冥王がそれぞれの階層を守っています。
ラスタバド軍は真冥王ダンテスを長にした軍団でその下には副祭祀長カサンドラ、そして四大冥王の
冥法軍王ヘルバイン、魔霊軍王ライア、魔獣軍王バランカ、暗殺軍王スレイヴを主に成り立っています。

4階にはデスナイトと化してしまった真冥王ダンテスがいます。
ダンテスからはデスナイトの書をもっているとダークエルフの聖地へと行くことができます。

城の内部を進むには門を守る門番モンスターを倒さなければ先へは行けません。
それぞれの門に対応する門番モンスターを発見し、すばやく先へと進みましょう。

門番モンスターを倒すのに時間がかかってしまうと正門のリスタート地点までテレポートさせられてしまいます。
リスタート地点にはクエストNPCであるイリア、ルームティス、ペリターがいます。
またNPCスクワルからはアイテムを購入することができます。
ここには残念ながら倉庫はありません。

四大冥王を倒した時にドロップされる印証は英雄のリングの材料になります。
各印証はトレードできないので、英雄のリングを入手すればまさに英雄のプレイヤーの証になるでしょう。

ラスタバド城正門

スクワル販売品
名前 価格 効果
アロー(10) 2 6/6
シルバーアロー(5) 2 7/6
確認スクロール 115 アイテムの情報を調べることができる
テレポートスクロール 115 ランダムにテレポートする
解呪スクロール 460 アイテムにかかっている呪いを解く
復活スクロール 3450 死んでいる対象を生き返らせる
帰還スクロール 230 近くの街へテレポートする
ランプ 23 周囲を明るく照らす
ランタン 172 周囲を明るく照らす
ランタンオイル 57 ランタンの燃料
砥石 241 破損した武器を修理できる
レッドポーション 69 HPを約15回復する
オレンジポーション 379 HPを約25回復する
シアンポーション 172 毒を治す
ヘイストポーション 425 5分間の間動きが速くなる
強化ヘイストポーション 3795 30分間の間動きが速くなる

地下1階ガイド
〜惨殺のアサシン〜
ダンテスの命令であれば命をも惜しまないスレイヴの全貌は暗殺という特徴から明らかになってはいない。

「声無き暗殺者」と呼ばれているだけあって、言葉で自らの考えを表すことのないスレイヴは、暗殺軍王という名にふさわしく上官の命令、すなわちダンテスの命令には絶対に服従する。
よってラスタバドの敵とみなされた者は容赦なくその命を絶たれる運命におかれてしまう。

スレイヴはブラットアサシン師団と、暗殺旅団の傘下にある2つの独立師団を指揮しており、これらの師団はスレイヴの命令に絶対服従する組織力の強さを見せる。

スレイヴはアサシン出身らしく接近戦でその実力を十分に発揮する。
スレイヴは自らに挑む敵を決して拒むことはないが、戦闘時間が30分を超えると自分に挑む価値もない相手だとみなし、挑戦者たちをラスタバド城の外へ弾きだしてしまう。
■地下1階全体図■
=門、=門番
ラスタバド城には地下大空洞のレジスタンス村エリアから行くことができます。
地下大空洞を北に進むとラスタバド城の正門に出ます。
ここにはダークエルフ軍とテラヌス、ザイルスが出現します。
テラヌス、ザイルスは強敵なので倒さずに進んでも構いません。

正門を進むと1階集会場に出ます。
集会場を左に進むと地下1階に、北に進むと1階に行くことができます。
3階を目指すなら地下1階に行く必要はないので北に進みましょう。

各部屋にある門は対応する門番モンスターを倒さないと開かず、先に進むことが出来ません。
門番モンスターを倒すと門が開き、再び出現すると門が閉まるので門が開いたらすぐに先に進みましょう。
門と門番を結ぶ点線は倒した時に開く門との関係を指します。
それ以外は門の前にいるラスタバドガードです。

地下決闘場は「暗殺団長ブレイズ」、
地上コントロールルーム地下訓練場は「ラスタバド親衛隊」がそれぞれ門番モンスターです。

地下処刑場には「親衛隊長カイト」、暗殺軍王の執務室には「暗殺軍王スレイヴ」が出現します。

暗殺軍王スレイヴと対戦する時は40分以内に倒さないとラスタバド城の外にテレポートさせられてしまいます。

地下1階に用がなければ1階集会場の北の門から1階の突撃隊訓練場に行くことができます。

1階ガイド
〜狂気の獣使い〜
エピソード4で既にユーザーの前にその姿を見せているバランカは、ディアド要塞が陥落してからは、ライアと共にラスタバドに撤退し、現在ラスタバド城の1階を守っている。

暗黒の野獣を操り、単純かつタフな性格のバランカは、その果敢すぎる性格と勇ましい部下のおかげで、ダークエルフにしては多少風変わりな面を見せる。
そのせいかライア以外の冥王とはあまりウマが合わないようだ。

バランカはビーストマスターという名の通り、召喚したモンスターや部下たちの扱いに長けている。
異界の魔獣や調教された野獣、そして敵とみなせば躊躇せず飛びかかる突撃兵たぢが、バランカの恐るべきパワーと威容を増幅させる。

バランカもまた、自らに挑む者たちを決して拒むことはない。
ただ、バランカとの戦闘時間が40分を超えると、バランカはダラダラと続く戦いに嫌気がさして、挑戦者たちを城の外に弾き出してしまう。
もしバランカに挑戦するときは、40以内に倒さなくてはならないのだ。
■1階全体図■
=門、=門番
1階も同じく門を開かせるには対応する門番モンスターを倒す必要があります。

突撃隊訓練場は「旅団長ダークパンサー」、魔獣軍王の執務室は「魔獣軍王バランカ」、
魔獣召喚室は「師団長シンクレア」、野獣訓練場は「魔獣団長カイバール」が
それぞれ門番モンスターです。

魔獣軍王バランカと対戦する時は40分以内に倒さないとラスタバド城の外にテレポートさせられてしまいます。

2階へと進むには旅団長ダークパンサー、そして師団長シンクレア、魔獣団長カイバール、魔獣軍王バランカのうちひとりの最低2人のモンスターを倒さなくてはなりません。

2階ガイド
〜悪夢のソーサラー〜
エピソード4からディアド要塞に登場しているライアは、ディアド要塞が陥落してからはバランカと共にラスタバド城に撤退し、城の地上2階を守っている。

ライアのエレメンタルは闇の異空間から呼び寄せる精霊で、呪いの力で人々を悪夢で苦しませ、様々な呪いで苦痛を与える。
ケンラウヘルがラスタバドを訪れたとき、唯一ケンラウヘルを始末すべきだと強く主張したのはライアだった。

彼女はエレメンタル師団とブラックウィザード師団を統括している。
ライアは黒魔法に精通しているウィザードであることを忘れてはならない。
ライアとの戦闘は40分以内で終わらせなくてはならない。
時間切れになると挑戦者たちをラスタバド城の外へ弾きだしてしまうからだ。
■2階全体図■
=門、=門番
この階も同じく門を開かせるには対応する門番モンスターを倒す必要があります。

精霊の生息地は「闇の精霊ガーディアン」、闇の精霊研究室は「神官長バウンティ」、
黒魔法研究室は「魔法団長カルミエル」、魔霊軍王の執務室は「魔霊軍王ライア」が
それぞれ門番モンスターです。

魔霊軍王ライアと対戦する時は40分以内に倒さないとラスタバド城の外にテレポートさせられてしまいます。

3階の冥法軍王ヘルバインと対決するには精霊召喚室のルートから2階闇の結界に行かなければなりません。

3階ガイド
〜冥府の主管者〜
ラスタバド最強のボス、ヘルバイン

その深く暗い眼差しは、生き物の魂を抜き取ると言われ、下っ端のダークエルフらはヘルバインを見ることすら拒むそうだ。
ヘルバインに関しては異界の魔族から力を借りているという疑惑が尾を引いているが、四大冥王以外のダークエルフたちにとってその事実を確認することは不可能に近い。

エピソード5でラスタバドの最強ボスとして登場したヘルバインは、不死の肉体を持つ鋼鉄の軍隊と魔族で構成されている破壊力のある軍隊を引き連れてその威容を誇示している。
ヘルバインを倒すと、ダンテスに遭遇できる謎のヒントを手に入れることができるだろう。
ヘルバインは自分への挑戦は決して拒むことはない。
ただし戦闘時間が30分を超えると、挑戦者の実力に怒りを覚え、戦闘を中断して挑戦者たちをラスタバド城の外へ弾き出してしまう。
そうなりたくなければ、30分以内に必ずヘルバインを倒そう!
■3階全体図■
=門、=門番
この階も同じく門を開かせるには対応する門番モンスターを倒す必要があります。

冥法軍の訓練場は「冥法団長クリファス」が門番モンスターです。

デビルロードの祭壇には「傭兵隊長メファイスト」が、
冥法軍王の執務室には「冥法軍王ヘルバイン」が出現します。

冥法軍王ヘルバインと対戦する時は30分以内に倒さないとラスタバド城の外にテレポートさせられてしまいます。

4階ガイド
〜孤独のデスナイト〜
ラスタバドの王。
ラスタバドを守るために強力な力を入れようと闇の力を使い異界の支配者を召喚する。
しかし、それによって己の命を失い、デスナイトとなる。


真冥王ダンテスはアデンの勢力を退けるため、異界の支配者であるギルタスを召喚した。

しかしそれは、すべては魔族とヘルバインの策略によるものだったことを知る。ラスタバドの数多くのダークエルフの魂は、運命に逆らう術もなくギルタスの生け贄として捧げられてしまった。

その結果、ダンテスは膨大な力のコントロールに失敗し、結界は破られ、ダンテス自身も魂を奪われてデスナイトとなってしまう。

4階の各部屋は出現するモンスターを全て倒さないと門が開かず先に進む事はできない。
■4階全体図■
4階を進んでいくには部屋に出現するモンスターを全て倒さなければならない。
全てのモンスターを時間内に倒せば門が開き、次の部屋へと進む事ができる。
もし時間内に倒せなければ、ラスタバド城の外へとテレポートさせられてしまう。

ダンテスの執務室にいるデスナイト化してしまった真冥王ダンテスにデスナイトの書を持って話しかけると、
ダンテスが召喚した異界の支配者ギルタスがいるダークエルフの聖地へと行くことができる。

※四大冥王の紹介文は公式サイト・エピソード5特設サイトを参照

トップページへ